2016年7月16日土曜日

2016/07/16 ショウのあと

昼間からほとんど食べていなかったので、とても空腹だった。
みんなでシェイクダウンへ繰り出す。

飲食店はたくさんの店舗が営業中。
ひととおり回ってから、何か辛い肉を巻いたラップサンドのようなものを買った。
売っているもののほとんどが、こんな見た目で似たような感じなんだけど。

鶏か豚を辛いバーベキューソースで炒めた味のものに、こういう皮のようなものがつくスタイル。片手で食べやすいしボリュームもあってお腹にもたまる。



今日は物販も夜でも営業しているお店が多かった。
その中に、旦那が初日に買ってきたカード屋さんがあって、もう1枚欲しかったので行ってみた。
すると、その店の店主は私のことをよく知っていた。ネット通販で私のネットショップから何度か版画を買ってくれていた人。
会ったのは初めて。えらく喜んでくれていて私も嬉しい。

今回は自分の店があるから私の出店にこれなかったので、もし今版画を持ってるなら売ってほしいと言われた。
テントに置いてあるから、一度取りに行って戻ってくると伝えた。

みんなでテントに戻った。3人はつかれたし、このままもう寝るという。
私は版画を持ってまたシェイクダウンに戻ることにした。その時にふと思いついて、残っている焼き菓子も持っていった。

さっきのお店に戻ると、私が欲しかったカードはプレゼントしてくれるという。
私は私の版画を色違いも含めて一式彼にプレゼントした。
すると、今度はピンバッジを6個くらいわさっとくれた。これじゃもらいすぎだと言ったのだけれど、トレードだからこれでOKだと言うので、ありがたくいただいた。

それから、箱に焼き菓子を並べてそれを持って通りを歩く。
4,5人でいるグループに声をかけて、
「私は昼間これを販売していたのだけど、明日の出発が朝早くて、これを持っていくことができない。できればゴミにしたくないし、誰かに食べてもらいたい。フリーケーキとして配っているから、食べてもらえないか」と話す。
昼間のフリーすいかを思い出したのだった。

最初は怪訝そうな顔をするのだけれど、このくらいの人数がいるとだいたいノリがよい人が1人はいて、「1つもらうよ」と受け取ってくれる。
ちょっと話を聞いてくれるグループなら、味の説明や日本から来たことを伝えると、他にも2人くらいは受け取ってくれた。
食べ物だし警戒させるのも申し訳ないので、一応ケーキと一緒に名刺も渡してきた。
即開けて食べて「美味しい」と言ってくれる人もいた。とても嬉しい反応。

それでも中には、露骨にうっとおしいという顔をして追い払う人達もいたし、若干心が折れそうになりつつも、12,3個は配布してまわったと思う。

ショウの余韻でノリよく楽しく話せたグループもいたし、個人的にはこんな謎のアジア人から食べ物を受け取ってくれるだけでも十分に嬉しかった。

手元に残ったのは5個程度だったので、その量なら自分たちで食べればいいやと思って、テントに持ち帰った。

月がとてもきれいな夜だった。
パーキングロットで、自分で思っていたよりも移動していたようで、テントに戻る道をおもいきり間違えてしまった。
たぶんこのあたりという場所を3往復くらい歩いたのだけれど発見できない。
これは、たぶんこのままだと帰れないと思い、面倒だけれど、もう一度シェイクダウンまで戻った。そこで、ここは確実というルートでやり直し。
テントに戻ろうと決めてから無事にたどり着くまでに40分くらいかかった。。。
間違えずに戻れたら10分程度の道のり。真夜中にひとりで何やってるんだか。

言い訳をすると、夜中のThe Gorgeのキャンプサイトで自分のテントを見つけるというのは、実際にやってみるとわりと大変です。
今後行く方は、昼でも夜でも道を間違えない目印を決めておくとよいですよ。といっても目立つタープとか水場とかトイレとかそんなものだけど。
旗を掲げていたり、風船をつけていたりするタープや、タープの目隠しに目立つ布を貼っているところとかがよいです。車を目印にしていると、移動しちゃってる場合もよくあります。

2016/07/16 The Gorge ショウ2日目

さて2日目。
さっきまで倒れていたので?!、むしろ今は体調万全という感じ(笑)。


オープナーは、Buried Alive。
最近友達とオープナー予想をして遊んでいるけれど、これは当らないな。でも年イチ程度演奏するし、登場するならほぼオープナーなんだけれどね。


今日は、背面が全部閉じられている。少し風が強かったかも。記憶が曖昧だけれど。
昨日だけでもステージ背面の絶景が見られてよかった。

これ、写真でわかるかなぁ。
大量のソフトタコス(トルティーヤ)の皮が、投げられている状態。フリスビーのように空を舞っている。
アメリカ人は一体何を考えているのかナゾ。

足元にも降ってきた。


正直、音を聞き直してみないと演奏がどうだったかは思いだせないです。。。
すぐ書かないとダメだね、こういうのは。ただ、前日よりはそうとう集中して聴けたし、やっぱりThe Gorgeのショウは間違いないなと感じた気がします。

Sleep Again > It's Ice, Driver たしかこの流れよかったな。好きなセットリストというだけかもしれないけれど、Sleep Againが聴けたのは嬉しかった。





Bathtub Ginで大いに盛り上がって締め。

月。




2ndは、みんな大好き Blaze Onから。私はそんなに好きじゃないんだけど、まあこの曲はとても愛されていて、盛り上がる。
ツアーが進んでいくごとに、曲の後半のアレンジは面白くなってる気はした。

で、ここからの Carini > Birds of a Featherが聴きどころ。





Shadeは好きな曲なので聴けてよかった。




アンコールは、Fishman show から。個人的にはHold Your Head Upの日に当たるのは嬉しいです。楽しいし。
このサマーツアーのドレスはBernie Sanders。Fishmanは公に応援していたのでね。


そしてHarry Hoodではグロースティックが飛び交う。よくアンコールまでこんな量を隠しもっているよなあと感心してしまう量。写真にはなかなか写せない。
2009年もすごいと思ったけど、今回も驚きと感動と。
で、演奏もとてもよかった。



そして昨日からの伏線どおり、予定調和のTweezer Repriseでおしまい。この曲のときのTreyの横に移動する動きが好き。



2016/07/16 The Gorge 昼間

朝起きて、ジョギングしようか迷っていたら、旦那に「またショウで寝るぞ」と言われ、くそーと思いつつも、たしかにそれはあると思って走るのはやめた。

シャワーを浴びに行くことにした。キャンプサイトはびっしりとテントで埋まっていた。昨日と景色が全然違うので迷いそう。



シャワーに着くと昨日のガラ空き状態がウソのように、長蛇の列になっていた。男女で列が別れている。
テントの数もそうだけど、昨日(金曜)の昼間にここに到着した人が多いのか。
女性用は昨日の個室タイプ+コンテナの半分。男性用はコンテナ残り半分。

シャワーは"1人3分まで"とか、たしか受付に書いてあった。実際、たいていの人はそのくらいで出てきていたと思う。コインタイプではないので、時間がきたら勝手に止まってしまうようなことはないから、まあこれはあくまでも目安。
今回は順番が回ってきたのは、共用のタイプ。男女とも似たような混み具合。
シャワーコンテナの中はDick'sで使ったものと似たようなタイプだが、これは脱衣所は共同で個別に別れているのは本当にシャワーだけの車両だった。個室のカーテンを開けるといきなりシャワー。
だから、中の共有スペースはけっこうわちゃわちゃしていた。荷物は共有スペースの壁についたフックにかける。
これよりは、Dick'sで使っていた脱衣所がシャワーの横にそれぞれついていて、個別に別れているタイプの方がよい。

テントでは、昨日の残りでまたサンドイッチを作って食べた。
そしてまたパーキングロットでベンダー。

キャンプサイトの通路の途中にフリーパズル。
通りかかった人が自由にパズルを埋めて遊んで行くコーナー。面白いこと考えるなあ。



昨日の場所に大きなRVが止まっていたので、反対側の角のスペースに移動。となりのTシャツ屋さんにその角を使わせてもらうと伝えてからセッティング。



ああ、昨日の記憶が間違ってた。昨日ショウの後けっこう元気だったので、夜の間に焼き菓子を少し売ったんだった。
そのとき、ひとつ買ってくれた男性がそのあともずっと私の話し相手になってくれたうえ、通りかかるお客さんに私のお菓子をすすめてくれたんだった。
ちなみに、ビーガンの抹茶パウンドケーキを3種、プレーン、チョコマーブル、小豆で作っていった。アメリカでは豆を甘く味付けする習慣がないので、小豆はかなり警戒されて売れない。チョコが売れる。
とりあえず濃い抹茶色のケーキなので、いろいろと勘違いもあって、お客さんからはそのあたりの質問が多かった。ワシントンはリーガル州なのでね。
で、これは昨夜の話しで、この時にずっと私と話しをしてくれていた人がこのRVの持ち主だった。石屋さん。
お店の準備の前に何かしてるなあと思って見てたら、スイカを切っていた。振る舞いスイカ。通る人にタダで配っていた。私ももらった。こーゆーのすごくいい。

この人の石屋さんは大人気で、ずっとお客さんが絶えなかったのだけど、隙を見て私も選びに行って水晶のペンダントを一つ買った。

反対側のTシャツ屋さん。

シェイクダウンの一番端っこに出店。
 昨日だいたい要領がわかったので、サクサクセッティング完了。
ウケるかなと思って持参した寿司マグネットが、実際けっこう人気だった。
版画は、原版も持っていったら、そっちを売って欲しいという人が何人かいたけど、私としては刷った作品を買ってほしい。。。写真の黒っぽいのが彫った原版のゴム版。
今日は、会う約束をしている人たちが次々とお店にきてくれた。
FBつながり。Cash or Tradeの中の人(笑)

FBで版画を見て、必ず行くよーといってくれていて本当にきてくれた人。

ビーガントーク。後でお水を買ってきてくれた。

朝からずーっとめちゃめちゃ暑い。でもタープを持っていないので、男衆はお隣のRVの日陰を拠点に過ごす。
ここずっと日陰で、私の店の前だしちょうど良い場所だった。

ビールの在庫が尽きたけど買いに行く余裕がなくて旦那にビールを買ってきてもらった。


空にはけっこう雲があったのだけど、とにかく暑かった。

FBで友達になったM。時々メッセージでPhishトークをする友達。
私より先に旦那が年末のNYで対面している。


シェイクダウンは昨日よりもかなり人も多くてお店も通りも盛り上がっていた。
旦那が見てまわっていろいろ写真を撮ってきてくれた。







このお店は2009年のThe Gorgeでも見た。

自由に楽しんでます。

これすごい。でも、地面に張ればいいじゃんって思うけど。


パズルもだんだんとできてきてる。

たしかMajestic circusを知っているよと話してくれた人。

Phishファンの間で有名なアーティストRyan。どこのショウに行っても会ってると思う。日本に住んでいたことがあるので、日本語も少しできるし、とにかくフレンドリー。

暑いのでビールばっかり飲んでる。どれ飲んでも美味しくてアメリカはビール天国だなあと思う。

この出店のためにテーブルを貸してくれた、いつも本当に優しくて素敵なTと息子A。超仲良し親子。

チケットトレードの相手。いろいろとこちらの都合に合わせてくれてありがたかった。

彼もトレードの相手。いろいろな経緯の結果、PTBMを友達Oにまわしてくれることになったので、お礼に手ぬぐいあげたり。


去年Dick's行くというときに連絡くれたのだけど、その時は会えず。このサマーツアーに行くといったら、地元のビール持っていくよと言って、Heady Topperを届けてくれた。
Phishメンバーの出身地、バーモント州バーリントン在住のLからの粋なプレゼント。
これかなり嬉しい。以前チケットトレードした人も持ってくよと言ってくれたのだけど旦那単身のMSGだったので受渡しが難しくて断念。私はお礼に日本酒を持っていってトレード。お酒のトレードするくらいだから、きっと酒飲みなんだろうし、いつか一緒に飲みたい。
 で、これをこうして店に置いておくと、次から次へと客がきて、Heady Topperを売ってくれと言う。「これは売り物じゃないよ」と言っても、「お金払うから1本でも売ってほしい」まで言う(笑)
「これは友達からのギフトなのとても貴重なのは知ってるけど、私も日本から来ているし、これはわけてあげられないの、ごめんね」と断る。
日本から来た、という一言でほぼ引き下がってくれる。でも、「本当にうらやましいよー。アメリカでもなかなか手に入らないよ」と何人にも言われた。置く場所がなくてここに置いていたのだけど、あんまりにも聞かれるから見えないところにしまった(笑)

もしロットのあるべニューに行ってHeady Topperが売っているのを見つけたら、迷わず買った方がいいですよ(笑)

旦那がロットで見つけてきたTシャツがPhishっぽくないところがいい。

なぜか私だけ会えてなかったMにようやく会えた―。なんかホッとしたー。

誰にもらったか忘れてしまったけど、水とCLIF BARがとてもありがたかった。だいぶ助けられた。

旦那とOとAは先に会場に移動。昨日と同じあたりの場所を取りたいということで。
私は昨日と同様、開演の少し前に行って落ち合うことにした。

旦那撮影。通ったら完成してたそう。

みんなでいろんな種類のビールを飲んだ。 これはテントのところで撮ったのかな?忘れた。

私はこの後一人残って販売していたのだけれど、途中でひどい頭痛とふらつきがして、とてもしんどくなってしまった。
ビールを飲みすぎた感じはなかったけど、2,3分でも横になっていれば治るかなと思って、Tシャツを並べていたブルーシートの上に横になった。

「まゆちゃん、まゆちゃん」と遠くから名前を呼ばれているなーと、ふわふわした状態でいたら、誰かが私の身体を強くゆすっていた。目を開けると、そこにはさっき会った日本の友達Mがいて、私の名前を呼びながら身体を揺すっていた。
「あれ、何してるの?」と聞いたら、びっくりした顔をして
「何って!それはまゆちゃんの方だよー。まゆちゃん大丈夫?ここに倒れていて、何人かのアメリカ人が心配して周りから声かけたりしてるんだけど全然起きなかったみたいで。たまたま私がここ通ったら、まゆちゃん倒れてるし、大勢に囲まれてたから今こうやって起こしたんだよー。」
と言った。
緊迫した雰囲気のMのテンションとは真逆で、当事者の私は
「え。。。? 私いま何してたんだっけ?」
状態。

しばらく呆然としながら考えていたら、だんだん状況がわかってThe Gorgeに今いるんだったということと、そういえばさっき横になったんだったと思い出した。
寝ている私を覗き込むように心配していた知らないアメリカ人たちも、私が気が付いて起き上がったので安心したようで、この場を離れていった。

どうやら、横になった途端に、眠ったというか、ほとんど気絶していたっぽい。たぶん熱中症。クラクラしていたのはビールの酔いではなく熱中症のせいだったみたい。
すでに日はずいぶん傾いていて身体もラクになっていた。
あまり時計を確認していないので正確なところはわからないけど、2,3分どころか30分近く倒れていたかもしれない。

ふと見たら、商品はもちろん、机の上には売上とつり銭の現金もまるごとガサッと出しっぱなしになっていた。海外に来てこの無防備さ。ダメな人すぎる。。。

私がようやく今なぜこの状況なのかをMに説明したら大爆笑。
「いや、ふつー寝ないし! しかも、ここで。それで、そのまま気絶とかありえないでしょー。」
と言いながら、ずっと笑いまくっていた。

私も自分でおかして笑ってしまった。
それにしてもMはもう、私の命の恩人くらいの人だ。あのタイミングで通りかかってくれて本当に感謝している。
そして心配してくれていた見ず知らずの人たちにも感謝。物やお金を盗む人もいなかったことにも感謝。

Mたちもこれから会場に向かうと言うので、いったん別れ、私は荷物を撤収。今回はテーブルも全部片づけて、とても重いけど一人でテントまで運ぶ。




私がそうして生死をさまよっている?!間、旦那たちは昨日同様、会場入り口で入場の列に並び、中で食べ物を食べて、友達とも会ったりという感じで過ごしていた。

会場に向かう途中にステッカーを売るこの子と会い、あこぎだ。。。と思いながらもステッカーを買ったそう。


会場内。なんかおいしそうなの食べてる。




はしゃぐA。

会えた友達。




私はすっかり遅くなってしまったので、テントサイトには全く人がいなかった。

パズル。完成していたけど、微妙に壊れてた。

私も荷物を置いて会場へ向かった。
通路まで行ったらそこそこ会場に向かう人もいた。


会場内の飲料用水場でボトルに水を入れてからステージの方に移動。右から回り込むように。水場は空いているし水圧もあるので、あっという間にボトルに満タンの水がくめる。フリーで飲み水があるのはとてもありがたい。

会場内のこっちの方へ来たのは初めて。

 水に写る日差しがきれいだった。
さて、間もなく2日目のショウのはじまり。