2016年7月18日月曜日

2016/07/18 昼間のこと ヘイト・アシュベリー観光

たしか9:00頃に起きたと思う。
部屋には誰もいなかった。少し荷物を整理して、身支度を整えた。
最寄りのバス停まで散歩。
こういう車ってこの時以外全然見なかった。




バスに乗車。運転手さんはかなりの暴走で、思っていたより早く目的地に着いた。

このトロリーバスって、天井からアンテナみたいなのが出ていてそれが空中に網羅された電線とつながっている。スピードをあげたままカーブに突っ込むと車体が外にあおられるようになるので、この電線みたいなのが外れてしまわないのか心配になる。
でも渋滞の中はもちろん、サンフランシスコの町中をこのバスが走り回っていて、それぞれがこの電線みたいなのでつながっていて、個人的にはとても不思議な景色。不便そうに見えるけど、そうでもないのかな。


まずは会場の様子を見に行った。

今回の会場、Bill Graham Civic Auditorium通称BGCAに来たのは2002年の年末にSCIのショウを見に来て以来。このあたりは大きな公共の建物ばかりなので、当時と風景は全然変わらなかった。ああこんなんだったなあと思い出した。

 

BGCAは3日間とも全席自由席。小さい会場なのでどこで見てもわりに近い。前回2階席からSCIを見たのだが、2階の席数はほんとおまけ程度にあるくらい。これはこれで2階も人気がある。
そんなわけで、会場には先着順に入場できるので、すでにレールを狙う入場待ちの列ができていた。
この写真を撮影したのが10:50。20人ちょっといたかな。
18:00開場なのでだいぶ先は長い。レール取りというのは、簡単なものではないです。

これまでのショウで何人かレールの人たちと友達になっていたので挨拶しにいった。
「今から並ぶの?」と聞かれたのだけど、「14年ぶりにサンフランシスコに来たので観光をしてくるよ。明日Water wheelのチケットを取ってあるから明日ね」と話した。
観光を楽しんでおいでと送り出された。

とてもお腹が空いていた。
日本から来ている友達がこのあたりのホテルなので朝ごはんに誘ってみた。ひとりは今ちょうど朝ごはんを食べてきてしまったということだった。
別の友達に連絡すると、今起きたばかりだけどごはん食べたいから一緒に行こうということになった。

友達Mのホテルの前に着いたところで、ちょうどMが身支度を整えて出てきた。
私はヘイトを見に行きたかったので提案するとそれに付き合ってくれることになった。
歩きでそちらを目指して、大変になったらバスに乗ろうということにした。
歩いてみたら、いわゆる目抜き通りまでは、ずいぶんと距離があり坂もあった。
でも見て歩くのは楽しい。



2人でバテてきたところにようやくカフェがあったので入店。

Cafe International





ペストリーやケーキもたくさんあって迷ったけれど、ベーグルにした。これがおいしいしボリュームもあって大正解だった。


Mは日本では服飾店を経営しているので、買い物といっても自分の私物よりも買い付けに近い。ヘイトにも詳しいので、私一人だったら入らなさそうなお店にもいろいろ連れていってもらってとても楽しかった。





この駐車すごい。坂道にびっしり。


アクセサリー店では気に入ったピアスを購入した。Mに連れて行ってもらってほんとよかった。






Haight & Ashburyの交差点にあるBen & Jerry'sでは、「観光して浮かれてるベタな写真が撮りたい」とお願いして撮ってもらった。
そういえば、サンフランシスコの夏って暑いと思い込んでいたら、かなり寒くてこんな服装。この上着大活躍した。



アイスクリームは観光地価格だったけどおいしかった。Phish FoodはThe Gorgeですでに試練をクリアしたのでここでは違う味です。なんだったかなー?カシスとかかな。



いつでも420。な、場所ですね(笑)

その後もしばらく洋服を見たりして楽しくMと過ごした。
私は一度部屋に戻るつもりだったので、この通りの途中でMと一度別れた。






で、かなり寒いのでレギンスが欲しくて探してまわるものの、派手なものばかりしかない(そりゃそうだ)。もはやデザインはどうでもいいので、ひとまず黒っぽい地味なのを見つけて購入。その店を出るときに見つけたこのキャミも写真を撮らせてもらった。寿司のやつ買えばよかったと後で思った。

けっこう遅くなってしまったのであとは駆け足でまわる。アメーバレコードに寄れなかった。
ようやくバス停についてへとへと。




帰宅したらすぐに着替えて、会場用に荷物をまとめ直して再びバスでBGCAへ向かった。
16:00に列に並んだ。ぱっと見た感じでは、100人目くらいかなあ。
私が並んだ直後くらいに後ろの柵が閉じられて、この柵内から出入りは禁止になった。もし出たらここには戻れないシステム。ここで一度列を区切り、道路を挟んだ向こう側に続きの列用の柵が作られていた。BGCAが管理しているのだと思う。

前後になった人と少し話をして会場を待った。前の男性は9歳くらいに見える女の子と、その子の弟らしい男の子の2人を連れていた。2人は今日がファーストショウなのだといって、お揃いのロットTシャツを着ていてとてもかわいかった。
話してみると、好きな曲とか聞きたい曲もちゃんとあって、子供といえどすでにしっかりファンだった。英才教育?!(笑)
ポケモンのラムネをあげたら喜んでくれた。ラムネ菓子の説明が英語でうまくできなかったのだが、スナックで押し通した。子供たちはすぐに開けて食べてくれておいしいと言ってくれたのでホッとした。お父さんにも味見してもらっていて、アメリカにも一応似たようなお菓子があるみたいで、この味は知ってると言っていた。

後ろにいた男性に日本語で声をかけられた。日本人のファンだった。仕事でアメリカ在住とのこと。


会場の前ではBen & Jerry'sのフレーバー投票を開催していて、アンケートに答えるとアイスがもらえる。柵側にいる人たちはアンケートを書いてアイスをもらって食べていた。

開場の少し前になると前につめるように指示された。
最初に一緒に並んだ人に、「あなたの後ろについていくね。GAに行くの?それとも2階?」と聞くと「ポスターを買うんだよ。席は後ろのほうで見るつもりだから前に入っていいよ」と言われた。その会話を聞いていた前の男性が「私は2階席狙いだから、レール目指すなら前に入っていいよ」と言って私と入れ替わってくれた。2階でも競うのは一緒なのに、優しい。

セキュリティ&チケットゲートはたしか7~8箇所くらいに分かれていたのだけど、そこに至るには特にルールはなく、並んでいた人がぞろぞろと前につめて各々に好きなレーンに入るシステムだったので、朝から並んでいる人も私のように夕方に来た人もあまり変わらないような状況になった。
こちらはラッキーということになるけど、朝から待っていた人には理不尽なシステムだなと思った。
そして荷物チェックが厳しい人とゆるい人でだいぶ差があって、するすると流れの良いゲートと、ちっともすすまないゲートがあって、このあたりも並んだ順ではなく運まかせだなという状況だった。

このルールは会場ごとに違うし、同じ会場でも毎年同じというわけでもないらしいので、とにかく現地に行って自分でその都度体験するしかない。
さて、いよいよ会場入り。

2016年7月17日日曜日

2016/07/17 友達と合流、ラム肉パーティー

私の乗った国内線は時間通りにサンフランシスコに到着。
降りた場所を友達にメールで伝えて、送迎用パーキングでIとAのカップルと合流。

Iは2013年のNYEで、CoTで私にチケットを譲ってくれた人。私の記念すべき初CoT取引相手。
日本人の私に譲ってくれるという、レアな人であり、なおかつ、その時に日本人のファン友達を作りたかったまで言ってくれたナイスガイ。
現地では、たまたまお互いの宿が歩いて行ける距離だったのでチケットも手渡しできたし、ショウのあとも毎晩一緒にバーに繰り出してすっかり意気投合。
それ以来会う機会はなかったのだけれど、ギフトを送りあったりして交流は続いていた。

2年半ぶりに再会。いまは婚約者のAと一緒に暮らしている。今回のサンフランシスコ3ショウの間は、この2人の自宅に滞在させてもらうことになっている。

彼女のAとは初対面だったけれど、とてもチャーミングですぐに私とも打ち解けてくれた。いつも私のことを気にかけてくれていて優しい。

2人は、このまま一緒にラム肉とビールのパーティーに行こうと誘ってくれた。夜はテラピンステーションに行くつもりだという。

この車内でIに妹のJから電話があった。
妹がThe Gorgeで怪我をしてしまい夕方のフライトでサンフランシスコに来て、急きょIの家に泊まることになったという。そのため、夕方妹を空港に迎えに行かなくてはならなくなった。

ひとまずそれは夕方考えればいいということでLamb Jamというラムパーティー会場に行った。

Iの友達がTriple Voodoo Breweryのオーナーで、このパーティーでビールを出店している縁でありがたいことにゲストとして入場できた。

外にはこのイベントに参加するお客さんの行列ができていた。
いくらか忘れてしまったけど、けっこう高い入場料がかかる。ただ、中は有名レストランのシェフの出店がいくつもあり、さらにブルワリーとワイナリーがたくさん出店していてすべて飲み食べ放題なので、それを思うと安い金額らしい。
ノベルティも結構充実していて、私もいくつかいただいた。

AとIは交代で友達のビールブースを手伝ったのだが、合間にそれぞれ私と一緒に会場をまわった。





ラム肉は遠い昔にジンギスカンを食べて苦手だったのだけれど、ここのお料理は本当にどれもおいしくて堪能。ビールもワインもおいしいし天国だった。
会場はけっこう広いし、人気のブースは待っている列も長くて、とても全部を食べつくすのは無理そうだった。


会場内ではこのグラスを持ってまわり、これにお酒を注いでもらう。


フードもドリンクもそれぞれに参加者が気に入った店を投票して、最後に優勝者決定する。






犬もいた。


見方によってはシュールなこんなかわいいお菓子もあった。



なんとも上流階級感あふれるイベントをすっかり楽しませてもらって2人に感謝。


帰りの車中で今後の予定を確認すると、帰宅したらすぐに2人は空港に向かうということだった。
私は2人が妹を迎えに行っている間にシャワーと洗濯機を借りたいと伝えた。

洗濯機は家にないけれど、歩いてすぐのところにコインランドリーがあるからそこを使うといいよと教えてくれた。

この町並みってとてもサンフランシスコっぽいな~って思う。
色合いとか建物の作りとか。


Iの家に着くと愛犬モンタナが迎えてくれた。とてもおとなしくてかしこい。
私がほめるとAは「本当にいい子なんだけど、食べ物には目がないから、食べ物をモンタナの届くところに置かないように気を付けてね。」と言われた。

自宅は土足だったものの、サンダルに履き替えるほうが楽だからと言って、私用にビーチサンダルを貸してくれた。ようやくスニーカーを脱いで足がラクになった。
自分のビーチサンダルを持っていたのだが、もう使わないと思って旦那の荷物に入れてしまった。次回こういう機会があったら覚えておこうと思った。

私は家の鍵を受け取り、門とドアの開け閉めについて教わり、シャワーの使い方をきいて、コインランドリーの場所を確認した。
とるものもとりあえずという状態で、IとAは空港に折り返した。

昨日1日じゅうThe Gorgeの土ぼこりと日差しを受けていたので、シャワーは生き返るようだった。

着替えもしてサッパリしたところで、洗い物をひとまとめにしてコインランドリーへ。ランドリーバッグと洗剤はAが貸してくれた。洗剤は持参するのだそう。

5ドル札を両替機で両替。予想外に全部25セントコインで出てきた。これなら1ドル札ずつ両替すればよかった。。。このコイン消費するのにわりと苦労した。


基本的な使い方は日本と同じだった。洗濯機と乾燥機に分かれている。洗濯機はコインを投入すれば一定時間で終わる。乾燥機は、自分が使いたい時間に合わせてコインを入れる。いくらか忘れてしまったけれど、日本よりもだいぶ安かった印象。
家からすぐだったけれど戻らず、店内の椅子に腰かけてスマホで時間をつぶしながら洗濯終了を待った。

洗濯が終わり、乾燥機に移して乾燥を待っている間に、店の椅子で寝落ちしてしまった。気づくと乾燥はとっくに終わっていた。手にはスマホを握りしめていた。貴重品は家においてきてあったし、何事もなくてよかったけれど、疲れているとはいえ油断しすぎだわ。。。

ほこりっぽかった洗濯物がすべてふわふわに乾いて幸せな気分になった。

家では、Iのポスターコレクションを見せてくれた。かっこいいポスター用のキャビネットに収納されていた。
自分が行ったショウのものはすべて集めているし、それ以外にもPollockのものを集めたり、ロットものも気に入ったものは集めているということで、ものすごい量のコレクションだった。
額装してあるものも素敵だった。








モンタナ。

私が家に戻ったときには、3人ともすでに帰宅していた。
妹JとはIと会ったMSGと、去年のDick'sでも会っていたのですんなりなじんだ。
とはいうものの、怪我をして予定があれこれ変わったらしくかなり不機嫌。私たち同様明日からのPhishには行くのだけれど、もともとIの家に来る予定ではなかった。
この日が日曜日で医者がお休みなので、今夜Iの家に泊まり、明日朝イチで車で病院に連れていき、それから友達の家に送り届けるということだった。

来客用のソファベッドを私が使う予定だったのだけど、妹がそこを使い、私にはエアベッドを設営してくれた。

そして今日は外出したくないというJに合わせて、テラピンステーション行きは中止。
残念だけど、私も疲れていたので、家で過ごすのもよかった。
しかし、Jが、Aが作った晩御飯を食べてる途中に突然席を立ってトイレで全部もどしてしまったり、その後の言動も不機嫌で、AがものすごくJと私に気を使っていて気の毒だった。
Jもふつうに話すと面倒見がよく社交的で明るいキャラなのだけれど、お兄ちゃんにはかなり甘えっこらしく、お姫様状態だった。

そんな雰囲気だったし、Aは翌日の仕事が早いし、Iは朝からJを医者に連れて行くし、私もかなり眠かったので、この夜は全員早めに就寝した。
翌日は全員いないし、好きな時間に起きて好きにしてくれればいいということだったので、特に時間も気にせずに眠った。